脱毛施術の痛さ

全身脱毛などで施術を受けますが、この痛さはどの程度なのでしょうか?また、クリニックやサロン、家庭用脱毛器ではどの程度違うのでしょうか?

ホーム

一口に家庭用脱毛器といっても、使用できる

一口に家庭用脱毛器といっても、使用できる部位が限られていることもあります。



その中で実用的な製品として、Vライン脱毛(アンダーヘア脱毛)が可能な脱毛器があります。

ほかの部分はサロンで脱毛できても、アンダーヘアの脱毛と受けるとなると恥ずかしいし、かといって処理はしたいしと思っている方は、市販の脱毛器を利用するのもありだと思います。痛みを感じやすい部分ですので、出力調整ができる機種なのかどうか調べてから購入するべきでしょう。
肌への刺激を自分で加減することができるので、とても便利です。


ムダ毛の処理は脱毛器を使うか、サロンを利用するかどちらが最善かというと、人それぞれの状況に合わせるのが最善です。



近くに脱毛サロンがあるということでしたら、時間のかかってしまう機械を利用するよりかは、脱毛サロンを利用して、脱毛処理をしましょう。自分で脱毛処理を好きな時にやりたいのだったら、サロンではなく脱毛器を利用すると良いでしょう。ムダ毛の処理を効果的に行う脱毛器は安いものはないかもしれませんので、よく検討するようにしてください。

脱毛するとき、電気シェーバーを使うと、簡単で、ほとんど肌の負担がありません。
脱毛サロンなどで施術を受ける前の自己処理でも、シェーバーをおすすめされることも多いと思います。

ただ、全然肌にダメージを与えないというわけではないので、しっかりとしたアフターケアをするようにしましょう。

ピルを飲んでいるひとは医療脱毛が禁止されているわけではありませんが、皮膚の色素沈着が起こるかもしれないという危険があることも否定できません。



とは言うものの、確率的にみると低い確率ではありますし、気にしなくてもいいでしょう。



もし、万が一、安心できないなら施術前にカウンセリングスタッフに問い合わせしてください。とても安い脱毛器があるけれどどうなのかと質問を受けることがありますが、「もう少し上のものを買っておけば」というレビューが多いように、思っていたような脱毛効果が得られないようです。



お金を払ってせっかく脱毛器を買うのですから、そうした不要な出費をするより、自分が満足できる性能を持った製品を購入しましょう。


高いといっても、うんと高いものでなくても良いのです。

期待はずれとわかっていて安いものを購入するのはお金を支払うこと事体、意味がなくなってしまうので、ここはぜひとも、満足できる商品を選ぶべきです。すべての脱毛器具で、望み通りの効果が得られるわけではありません。

相場からして割安すぎる脱毛器具は自分が思っているとおりの脱毛方式なのか、効果があるのか、実際に失敗した例もあるので、納得いくまで調べた上で購入しましょう。

安価な脱毛機によくあることですが、使ってみたら痛いし調整もできない、焼くときのニオイが不快、音がうるさすぎなど使用するのにはちょっと難アリだったという声がよく聞かれます。脱毛器でそれなりの費用対効果を得るためには、安すぎる製品で良いのかどうか、検討のために時間を割くことは大切だと思います。脱毛器を選ぶとき、人気の高いものに目がいくかもしれませんが、人気があるからといってそれゆえに効果が高いかというと、そうでもありません。



有名人の声をクチコミとして採用していたり、目をひくCMなどで売上増を狙っている脱毛器具もありますが、レビューをよく見てみると(※芸能人のブログは除くこと)、「使ってみたけど」と前置きした上で、ガッカリの感想が書かれていることが多いのも特徴です。合計○○台出荷!とか、よく聞く会社名だからといって安易に判断せず、脱毛器そのものの効果が高いかどうかで選んだほうがいいでしょう。でないと、後悔を招くだけだと思います。2PS(ツーピーエス)はサロン級の光脱毛が自宅で出来るIPL脱毛器で、高いパワー性能でデリケートな部分なので時間がかかっていたアンダーヘアの脱毛も、サロンに行かずに自分のペースで出来ます。別売の美肌用カートリッジに交換すると、美顔マシンとしても使えます。


高性能のカートリッジは13万回以上の照射が可能で、1発0.05円なので、比較的リーズナブルに全身の脱毛ができます。8段階のパワー調節が可能なので、脱毛しにくい毛質の方や、刺激に弱い方でも無理なく脱毛できるといった点も特徴といえるでしょう。
ソイエ、アミューレなどの脱毛器を選ぶことで、泡脱毛という種類の脱毛ができます。
ムダ毛を泡で包み込むので、かかってしまう肌への負担は軽減され、なるべく痛くない処理ができるのです。


気を付けなければならないのは、脱毛の部位によって差があるということで、方法としては毛を挟むといったものなので、痛みが我慢できないという人には注意が必要です。


処理の直後の気になる点としては大多数の人が肌が赤くなることに悩まされるということです。



脱毛器に難があるのは買うために多額のお金が要ることと同時に、使用時に時間や手数がかかるという点でしょう。



比較のために、脱毛サロンなどの値引きプログラムの請求額に気付くと家庭用の脱毛器の費用が高額だと思っても無理はありません。
その上、思い切って買ってみても、思い描いていた以上に使用時の配慮が求められたり、ヒリヒリする感じが生じたりして、二度と手を触れないようになることも起こりがちだと言えます。

脱毛器は使用できる部位が決まっていて、どこでも脱

脱毛器は使用できる部位が決まっていて、どこでも脱毛できるわけではありません。

ただ、家庭用の脱毛器でもVライン脱毛(アンダーヘア脱毛)が可能な機種があるのをご存知ですか。ほかの部分はサロンで脱毛できても、アンダーヘアの脱毛と受けるとなると恥ずかしくて、どうしようか迷っているという相談を受けますが、そうした方は、市販の脱毛器を使ってみてはいかがでしょう。痛みを感じやすく、たいへんデリケートな部位ですから、出力の強弱をコントロールできる脱毛器を選べば、あとで続けられないということもなくて良いでしょう。人気ナンバーワンとか出荷台数の多さを謳った脱毛器がありますが、効果においても素晴らしいなんてことは、簡単に言えません。

CMで有名だったり、芸能人のクチコミだとかで出荷台数が伸びているということもあるので、メーカーに関係がないところのレビューを見ると、これがナンバーワンセールス商品なのかと疑うほど、評価が低いことも稀ではありません。

合計○○台出荷!とか、よく聞く会社名だからといって安易に判断せず、効果優先で選ぶことが大切です。でないと、きっと後悔することになります。

イメージとして、医療脱毛は高価だと思われていますが、近年では価格の方もかなり右肩下がりの状況で、心配なくサービスを受けることができるようになってきています。でも、コストダウンが実現したといっても、比較の対象をエステでの脱毛や脱毛サロンにした場合には、やはり高いと感じてしまうことが数多くあるかと思われます。


また、あまりにも安いサービスを提供しているようなところは施術スタッフのレベルが技術的に低いこともあるでしょう。自分でカミソリなどで無駄な毛を剃ったりすると、毛が埋没してしまって困ってしまうこと、多いですよね。

無理矢理こうなった毛を引っ張りだそうとすれば、肌が傷んでしまい、むしろ逆効果です。
プロの脱毛(レーザー・光とかありますよね)をしてみるか、簡単に手に入るスクラブやピーリングなんかを使用してとにかくちょっとずつ取っていくことが良いのかな、と経験上思います。



そのまま放っておいたりすればぽつぽつと黒いシミになってしまう可能性もあります。

ノーノーヘアは、テレビCMなどで売り上げを伸ばしているサーミコン方式といって、熱を加えてムダ毛を処理するタイプの家庭用脱毛器です。光脱毛ができない体質の人や、カミソリ負けする人には、刺激(この場合は熱)の加わる先が肌ではなく「毛」なので、良いようです。ただ、毛に熱を与えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、髪の毛が焦げたときのような、独特の臭いがあります。

CMをするくらいですから、誰でも気軽に手にとりやすいスタイリッシュなデザインで、大きさも脱毛器とは思えないほどスッキリ小さめ。
ただ、製品レビューを見ると、効果が実感できない、ニオイの割に処理できていない、仕上がりの見た目が不満という声が、割と自然に目に入るほど多いです。
ただ、発毛サイクルごとにこまめに使用していけば、気にならない程度にまでムダ毛を減らすことができるという意見もあります。
脱毛用ワックスを使う人は滅多にいないでしょう。
日本では。

でも、広い世界に目をやれば全く珍しくないムダ毛の始末の仕方なのです。


ピンセットでムダ毛処理するよりも、手間ひま不要なうえ、自分でワックスを作成すれば脱毛に掛けなければいけないお金もグッと少なくできますね。



とはいえ、毛を抜くには痛みがつきまとうので、痛いのにガマン出来ない方には向いていないです。
最近では、料金を設定する際、時間制をとりいれている脱毛クリニックが増加している現状があります。

一般的には、医療脱毛という言葉を聞いたとき高いという印象をもちますが、「レーザーし放題30分」というプランであれば、気にかかる場所をまとめて脱毛することが可能かもしれません。


腕であればこの程度で十分だけど、脇とか脚の方はもう少しお願いしたいな、などという時にも都合が良いです。


脱毛を電気シェーバーですると、容易ですし、それほど肌への負担がありません。エステ、脱毛サロンの施術前の自己処理にカウンセリングなどで電気シェーバーでやるといいですよ、と言われることが少なくありません。
ただ、全然肌に負担をかけないというものでもないため、アフターケアはしっかりとするようにしましょう。パナソニックのビューティー家電のひとつ「ソイエ」という脱毛器は、「抜く」方法です。

お風呂で泡立てた毛を専用ヘッドでからめとって抜けば痛くないという理論のようですが、慣れないうちはかなり痛さを感じるようです。敏感な部位への使用は難しいでしょう。ヘッドを動かしていくと複数の毛を抜くことができるので、毛抜きで抜くより効率が良いですが、お風呂で肌がやわらかいときに脱毛したらポツポツと血が滲んでびっくりした、あとから埋没毛ができるのは毛抜きと同じといったデメリットもあるようです。
とはいえ、ソイエは長く続いた定番商品ですので利用者も多く、抜くのを繰り返すことによってムダ毛が抜けやすくなり、だんだん楽に脱毛できるようになってくるという人もいます。


減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。ある程度の覚悟があれば、使えるかもしれません。
脱毛するときに刺激が強いと感じたり、痛みを感じる場合は、脱毛前の下準備として、肌を保冷剤や濡れタオルなどで冷やしておくと感じる痛み(刺激)が軽減できます。

出力調整機能がある機種なら、「これなら大丈夫」というくらいまで出力を下げてみましょう。脱毛効果を考えると出力が高いほうが良いのですが、現に痛みを感じている状態でしたら、低めの設定のほうが良いでしょう。



家庭用脱毛器で挫折してしまう原因には「痛み」もありますし、痛いままでは無理は続かないのではないでしょうか。また、その無理は、本来必要のないことなのかもしれませんよ。

弱い出力で少しずつ脱毛することで、ストレスやトラブルは最小限に抑えられるはずですから、焦らず、無理のない脱毛をしていきましょう。


お風呂で使える脱毛器もあるんです

お風呂で使える脱毛器もあるんですよ。お風呂に入って毛穴が開いてきたら脱毛器で抜けばあまり痛くありませんし、毛の飛散が周囲に及んでもサッとシャワーで流すだけです。

脱毛器によりますが激しく電池が消耗する場合もありますから、充電式の電池を使用した方がいいと思います。



脱毛はケアが肝心。

とにかく欠かせないのはサロンからの指示を守って保湿します。毛根付近だけでなく、脱毛した箇所の周囲は乾燥したり、毛穴が目立ちやすくなったりしやすいのです。

様々なトラブルを起こさないよう、乾燥を防ぐために日常の保湿ケアよりも、入念に保湿してください。


さらに、脱毛を行った部位には紫外線の刺激を避けることも大事です。

温泉や岩盤浴など、高温高湿度の場所は雑菌が繁殖しやすいので落ち着くまでは行かないでください。脱毛器を使ったあと、肌が赤くなることがあります。
そのときはもしかゆくても、こすってはいけません。時間を置かず風や水にあてて冷やすことで良くなってきます。個人差はありますが、これらの症状は脱毛の刺激による炎症ですので、もし汗をかいていたらきれいにして(こすって刺激を与えないように注意)、とにかく冷やしてください。
もし、冷やしても症状が改善が見られない、あるいは悪化するようなときは、皮膚科を受診して、脱毛によるものだということを伝えてください。
炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、そのままにしたり、自己流で対処せず、病院で医師の診察を受けなければいけません。
医療脱毛でVIO脱毛をすると、痛みを強く感じますが、その後、ムダ毛が生えにくくなります。少しずつ脱毛するなら、レーザー脱毛という手もあります。

処理していきますので、好きなだけ調整可能という点がメリットです。

Vラインをどのように整えるのか、人それぞれ違いますから、脱毛しすぎないように医療脱毛が信頼できる手段です。
気になる毛を自分で処理したりすると、たくさん埋もれ毛になってしまったりしますよね。自力で埋没毛を抜こうと試みた場合、痕が残り、傷のできた肌に絶望することになるでしょう。レーザーや光などの脱毛を専門に扱っているところに行ったり、自分でするとしても、軽いピーリングなどに留めておいてとにかくちょっとずつ取っていくことが良いのかな、と経験上思います。

何のケアもせずにいると黒く目立った痕にもなりかねません。


脱毛器を使ったけれど痛くて続けられるのか不安という相談を受けることがあります。説明書にもありますが、保冷剤(肌が真っ赤になるほど冷えるのはダメです)や水で肌を冷やしておけば感じる痛み(刺激)が軽減できます。トーンコントロール機能つきの脱毛器も増えてきましたね。

この場合は、無理のない程度に出力を弱く設定してください。きっちり脱毛しようとして出力を高くしても、痛みの蓄積というのは思ったよりストレスになるものです。

我慢しながら脱毛していても、途中でくじけてしまうのではないでしょうか。調整機能がついているのは、それぞれに最適な状態で施術するのを考えられているためです。
弱いなりの効果はあるので、焦らず、無理のない脱毛をしていきましょう。

比較的どなたにでもお薦めしやすい脱毛器は、光脱毛タイプは良いですね。
お肌に当てる光の強さを調整できるからです。電熱カッターは毛先が丸くなってチクチクしないという利点はありますが完全にキレイにするのは難しいですし、トゥイザーと呼ばれる毛抜きを備えたヘッドで効率的な脱毛を謳っているものは、肌への刺激や負荷を避けられないうえ、また生えてきて自己処理する手間もあります。発毛抑制効果を考えれば、やはり光脱毛方式。

一般的な脱毛サロンと同じ方式で肌質や体質に合わせた脱毛ができます。

サロンと同等かというと、そこはプロと素人の差があるのは否めませんが、発毛を抑えてくれるので、使用を続けていくにつれ、ほかの脱毛器とは違った効果があることに気づくでしょう。照射する光の強さを調整することで、脱毛時の痛みを低減することができます。
近頃では、時間あたりの料金を設定している脱毛クリニックが増加している現状があります。



医療脱毛といえば費用が高いと思われがちですが、30分間レーザーし放題などのプランについて考えてみた場合、気にかかる場所をまとめて一回で脱毛を行うことが可能になってくるかもしれません。


腕はこのくらいでも満足できるけれど、脇と脚の部分はさらに脱毛した方が良さそうだな、と感じるケースでも便利だといえます。レーザーを用いる脱毛は、脱毛を希望する場所に照射を受けて、ムダ毛を生み出す細胞組織を無くしてしまう手法です。レーザーは光脱毛よりも強い威力を持つので、肌にストレスを与えることになりますし、痛みが強くなる場合もあります。



法律上、医師の指導下でないとできないことになっていますが、家庭使用が可能なレーザー脱毛器も売られています。脱毛を機械で行うかサロンで行うかどっちがいいでしょうか。

各人の周囲の環境によって最善のものは変わります。
脱毛サロンからあまり離れていないところに住んでいるなら、少し面倒な脱毛器を利用するよりも自分で行う必要のない脱毛サロンが良いでしょう。

ムダ毛の処理を自宅で行いたい場合は、脱毛器を利用をおすすめいたします。より綺麗に処理できる脱毛器は少しお高いかもしれませんので、慎重に選びましょう。
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 脱毛施術の痛さ All rights reserved.